二世帯住宅が最高の親孝行

自由に気楽にやりたい事をやって生活をしている僕の事を心配してくれている両親には本当に心から感謝しています。

いつか親孝行として二世帯住宅を立てて、両親と一緒に住むというのが僕の目標です。

ベストセラー小説を1本でも出せばあっさりとかなう夢ですが、現実はなかなか厳しいですね。

実は、僕は子どもの頃に母親に連れられてよく住宅展示場に行っていました。

いろんなモデルハウスを見学して、当時の流行の間取りなどを無意識のうちに身につけていました。

家好きの母親の影響を知らない間に強く受けていた僕は、大人になると同じく住宅大好きな人間になりました。

月に1度くらいは、いろんな住宅展示場に出向いて各ハウスメーカーのモデルハウスを見学しています。

中でも好きなのが三井ホームです。デザインが非常に優れていて、温かみのある内装がとても気に行っています。

二世帯住宅の商品も数多くラインナップされていて、親や子どもなどで一緒に住むあたたかい雰囲気の二世帯住宅には最適のハウスメーカーだと思います。

いずれは松本に家を立てたいと考えているので、冬でも快適に過ごせる全館空調なんかも魅かれるポイントです。

クレジットカード審査

ある小説を書いていて、クレジットカードの事を調べる必要が出てきたためクレジットカード審査の仕組みや与信に関する事を図書館にこもっていろいろと調べていました。

金融というジャンルは、私にとっては日本の裏側にあるブラジルなどと同じように果てしなく遠い存在なのですが、小説のストーリーを盛り上げるためにはディテールの描写というのは必須の要素なので、分からない事があれば徹底的に調べなければなりません。

そこで、分かった事は、クレジットカード審査はコンピュータのアルゴリズムによる自動スコアリングというものが活用されている事です。

自動スコアリングと信用情報機関への照会という2つの審査が主に行われているとの事です。

私にとっては2つとも初めて聞く言葉で、特に信用情報機関というものの存在とその機関が持っている個人情報の量に驚きました。

個人情報保護法とかいろいろ世間では騒がれていますが、結局のところ個人情報なんて本気で調べれば、ある程度の事は何だって調べる事が出来るという事です。